2023年9月24日(日)

2023年9月24日(日)


『恵みの兵器庫』

どんよりとした雲を強風が吹き払い、新鮮な空気をもたらすように、穏やかな革命が地球上に広がった。

1989年だけでも、十か国、五億もの人々が非暴力革命を経験した。
これらの国の多くで、少数のクリスチャンが決定的な役割を果たした。

スターリンの嘲りの質問、「教皇はいくつの師団を従えているのか」は、その返事をもらったのである。

そして1994年、度肝を抜くような革命が起こる。
こう言うのは、ほとんどの人が流血を予測していたからだが、南アフリカは平和的抗議の母体でもあった。

トルストイと山上の説教を研究したマハトマ・ガンジーは、南アフリカで非暴力戦略を開発した(それを後にキング牧師が採用した)。
このガンジーの戦略を実行に移す大きな機会が訪れたとき、南アフリカの人々は恵みという武器を見事に役立てた。

ウォルター・ウインクが、あるアフリカ人女性が子どもたちを連れて通りを歩いていたときに、白人の男に唾を吐きかけられた話をしている。

彼女は立ち止まると、言った。
「ありがとう、それでは子どもたちにもどうぞ。」
男は面食らい、返す言葉がなかった。

ある不法居住者の村で、南アフリカの有色人種の女性たちが、突然ブルドーザーに乗った兵士に囲まれ、二分後にこの村を破壊すると言われた。

女性たちに武器はなく、男たちも仕事に出ている。
しかし地方のオランダ改革派アフリカーナ(南アフリカ系白人)にピユーリタン的傾向があることを知っていた彼女たちは、ブルドーザーの前で服を脱ぎ捨てた。

警官たちは逃げ出した。
かくして村は今日も同じ場所にある。

南アフリカの平和革命にキリスト教信が重要な役割を果たしたことを、ニュースはほとんど報じていない。

ヘンリー・キッシンジャーに率いられた調停チームは、インカタ自由党を選挙に参加させようと説得したが、同党は応じず、すべての望みを断念せざるをえなかった。

その後、ケニアから来たクリスチャン外交官がすべての首領と個人的に会い、彼らとともに祈り、彼らの思いを変えるのに一役買ったのだった。

不思議なことに、この重大な話し合いは、コンパスの不具合で飛行機が一便遅れたせいで実現した。

God Bless You!!


a:4 t:1 y:0