2019年7月7日(日)の手紙

2019年7月7日(日)


『二羽の雀は一アサリオンで売られているではありませんか。そんな雀の一羽でさえ、あなたがたの父の許しなしに地に落ちることはありません。』マタイの福音書10章29節


神の摂理は、大国間の戦争という大きな事件にのみ関わっているわけではありません。
あらゆる事柄をも含んでいます。

一本一本の雛菊の開花も神の計画によって定められています。
湿地の中で鳴いている蛙も、樫の木の葉が落ちることも永遠の神の知恵ある計画の一部なのです。

一羽の雀の移動もコロンブスの船旅と同じように、あらかじめ計画されています。
鳥獣師の網が破れることも、一つの国が敵国から解放されることと同様に、あらかじめ定められています。

神はすべてのことに関わっておられるのです。
一羽の雀さえ、父のお許しがなければ、地に落ちることはありません。
私たちの髪の毛までも一本残らず数えられています。

神はこれらの小さいことも支配しておられます。
神はそれらをご自身の永遠の計画の一部としておられるのです。

ダビデは「あなたの指のわざである あなたの天 あなたが整えられた月や星を見るに 人とは何ものなのでしょう。
あなたが心に留められるとは。
人の子とはいったい何ものなのでしょう。
あなたが顧みてくださるとは」と驚き畏れています。

あなたが悲しむとき、主イエスは深い同情を示してくださり、夜には、あなたの弱さと不眠を見届けておられます。
たとえすべての人があなたのもとを離れ、見捨てられたかのように思われることがあっても、あるいは病の中にあっても、神はあなたとともにおられるのです。

神は天国のことやこの世の管理のことで多忙なため、あなたのことに関心を示す余裕などない、と考えてはなりません。
そんなことは決してありません!

「父がその子をあわれむように 主はご自分を恐れる者をあわれまれる。
主は私たちの成り立ちを知り 私たちが土のちりにすぎないことを心に留めてくださる」のです。

ですから、次の御言葉を堅く信じてください。
「このわたしは、あなたを忘れない」ことを。

God Bless You!!


a:104 t:1 y:0