2019年10月16日(水)の手紙

2019年10月16日(水)


『神は唯一です。神と人との間の仲介者も唯一であり、それは人としてのキリスト・イエスです。』テモテへの手紙第一2章5節


どんな人も隣人からの同情を求めます。
そのため自分のさまざまな問題をすぐに友人に打ち明けてしまいます。

しかし、人としての主キリスト・イエスがもっておられた同情に匹敵するものはどこにも見いだすことはできません。
天の父なる神の同情に比較できるものは、この地上ではどこにも見いだすことができないのです。

これは信仰をもつことによって初めて教えられる大きな慰めです。

それゆえ、あなたの悩みをあなたの最も親しい友人である主イエス・キリストに打ち明けてください。
あなたの重荷を神と人との仲介者であられる主イエス・キリストに告白し、十字架の前にそれらの重荷を降ろしてください。

子どものように神の力を信頼しなさい。
そして、神に助けを求めてみもとに走り寄り、ひざまずいてください。
躊躇することなく、今すぐ行きなさい。

「苦難の日に わたしを呼び求めよ。
わたしはあなたを助け出し あなたはわたしをあがめる」。
これが神の摂理の法則です。

海では多くの魚を、空には多くの鳥を日々養ってくださる主が、神の子たちを滅ぼすことなどないことを確信し、心を安らかにしてください。
湿気のある土手の上の土ボタルや、森の中の昆虫を養っていてくださる神が、神ご自身の民をおろそかにすることはあり得ないのです。

あなたがもつ悩みが実際的なものであれ、精神的なものであれ、それらすべてを神にゆだねなさい。
神に祈り、叫び求めなさい。
神を恐れて歩み、神の御名を信じなさい。

遅かれ早かれ、何らかの方法で、神は逃れの道をあなたに用意してくださいます。
友人知人がさまざまのことで失敗することは、よく起こります。
しかし、神が失敗することは決してありません。

神以外の約束は、風のように空しいのです。
しかし、約束を与えてくださった神は真実な方です。

次の御言葉、「六つの苦しみから、神はあなたを救い出し、七つの中でも、わざわいはあなたに触れない」、
「主に信頼し 善を行え。地に住み 誠実を養え。
主を自らの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる」、

「まことにあなたの大庭にいる一日は 千日にまさります。
私は悪の天幕に住むよりは 私の神の家の門口に立ちたいのです。
まことに 神である主は太陽 また盾。
主は恵みと栄光を与え 誠実に歩む者に良いものを拒まれません」。

これらをしっかりと心に蓄えてください。
信仰を与えられ、その信仰に基づいて行動できる人は幸いなのです。

God Bless You!!


a:73 t:1 y:0