2012年9月7日(金)

2012年9月7日(金)


『偽りを言うくちびるは主に憎まれ、真実を行う者は彼に喜ばれる。』箴言12章22節


私達の主は、厳しい義の基準を持っておられる。
創世記から黙示録にいたるまで、テーマは一貫している。
神は真実を愛し、偽りを憎まれる。

聖書には、神が忌み嫌われる者のタイプが記録されている。

性的な罪を犯す者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、そして、嘘をつく者だ。

あなたは、厳しすぎるんじゃないかと驚くかも知れない。
「それじゃ、ちょこっと嘘をついたりする事が、姦淫や偶像を礼拝する者と同じように、神の怒りを買うって事なのか」

どうも、そうらしい。
どうしてそんなに厳格なのだろう。
何でそんなに厳しい態度をとるのだろう。

理由は、ただひとつ。
偽りは、神のご性質とまったく相容れないものだからだ。

God Bless You!!


a:171 t:2 y:0