2012年9月21日(金)

2012年9月21日(金)


『身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい。あなたがたのよく知っているとおり、全世界にいるあなたがたの兄弟たちも、同じような苦しみの数々に会っているのである』ペテロの第一の手紙5章8節~9節


私達は、自分の心の一部が荒らされて、ひどい状態になっている事を認めなければならない。

私達は、どんな悪しきものでも、ドアを叩けばさっとドアを開けてやる。
怒りが来れば入れてやる。
復讐が宿を探していれば、椅子をすすめる。
自己憐憫がお茶会をしたいと言えば、キッチンに案内する。

一体、私達はNo!の言い方を知らないのだろうか。

確かに、知らない人は大勢いる。
ほとんどの人は、思考の管理なんて、それこそ考えた事もないだろう。
私達は、時間の管理や人事管理、体重の管理や、ひいては頭皮の管理まで、色々考える。

だけど、思考の管理についてはどうだろう。
他の事を管理するように、自分の想いについても、気を配るべきではないだろうか。

イエス様は、そうなさっていた。
町の門に立つ兵士のように、ご自分の心に見張りを立てておられた。
御心の入り口を頑強に守っておられた。

イエス様がそうされたなら、私達も同じように、自分の心を守るべきではないだろうか。

God Bless You!!


a:426 t:1 y:0