2月9日(火)の手紙


2016年2月9日(火)

『もはや、ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。あなたがたは皆、キリスト・イエスにあって一つだからである』ガラテヤ人への手紙3章28節


プライドと偏見で満ちた世の中で、私達は他者から簡単に隔てられてしまう。
だけど、イエス・キリストは一致の喜びをくださる。

私達の背景やユニークな持ち味は、神の教会の中で「キリスト・イエスに対する信仰によって」補完的に働き、ひとつにされる。

また、神の御霊と神の教えとに従順であるなら、益々力が与えられる。
同じイエス様、同じ御言葉、そして、同じ教えを信じていると認めるなら、私達の多様性は互いを隔てるものではなく、むしろ互いを豊かなにし、ひとつにするものだと分かるだろう。

同じ主を迎えるなら、各々の違いは二次的なものになる。
そして、同じ主を愛する愛が、主に愛されるように相手を愛そうと努める。

プライドや偏見は、神の御国には存在しない。
互いを受け入れ愛する事が、神の御国の秩序なのだ。

God Bless You!!

a:211 t:1 y:1