2月26日(金)の手紙


2016年2月26日(金)

『われらにおのが日を数えることを教えて、知恵の心を得させてください』詩篇90篇12節


詩篇90篇は、神の人モーセの祈りだけれど、人生のはかなさと深遠さが、力強く率直に語られている。

彼は、人生を夢や草木にたとえて「われらにおのが日を数えることを教えて、知恵の心を得させてください」と神に祈った。

私達の毎日は、取るに足らないように見えるけれど、「ちりも積もれば山となる」だ。
12節を「賢く生きる事を教えてください」と訳している聖書もある。
これは、最終的な人生を思い巡らした時に祈る祈りだ。

私達の人生のすべての写真がテーブルに置かれるなら、それは私達の言動を表している。
その写真は、どんな物語を語っているのだろう。
私達は日々、何を選択するか、よく考えるべきだ。
人生の意味は、齢の長さではなく、どのように生きたかによって決まるのだから。

God Bless You!!

a:221 t:1 y:1