2017年1月4日(水)の手紙

2017年1月4日(水)


『主を恐れることは知恵のもとである、聖なる者を知ることは、悟りである。』箴言9章10節


クリスチャンは、恐れを有効に用いることができる。

神を畏れなさいと、聖書は挑んでいる。
畏れることは、畏怖の念を抱くこと、つまり最善かつ最高の恐れだ。

神を畏れるなら、神の道を外れて、神に不従順に生きてはいけないと思わせてくれる。
クリスチャンなら、偉大な神を敬い、神の完全な御心にひれ伏し、神の知恵を求めなくてはいけない。

神を正しく畏れるなら、不確実で不安に満ちた世でも賢く生きることができる。
神を畏れるなら、怖いものは何もない。

God Bless You!!

a:172 t:1 y:0