2011年11月16日(水)

2011年11月16日(水)


『あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう』ヤコブの手紙1章5節


私達は知恵のない言動によって失敗する事がたくさんある。
ある時は、心ない言葉によって人を傷つけた事がある。
ある時は、愛のない行動によって道を踏み外した事がある。

語らなければならない時に勇気を持つ事ができず、黙らなければならない時にしゃしゃりでる。
忍耐しなければならない時に動き回り、行動に移さなければならない時にうずくまる。
私達には知恵がない。

でも、神は心から求める祈りに耳を閉ざされる事はない。
たとえ、それが知恵がなく愚かな私達の祈りであってもだ。
反対に、神は私達が神を求めるように促しておられる。

この事だけは、忘れないで欲しい。
神は真剣に捜し求める人を、絶対に退けたりはしない。

すべての疑問を神に尋ねよう。
その時、私達の疑問の解答を見つけるのではなく、すべての解答を持っておられる神を見いだす事ができるのだ。

そのお方は知恵に満ちたお方だから、安心して従っていく事ができる。
知恵のない私達だからこそ、知恵あるお方と共に歩む事が必要なのだ。

God Bless You!!

a:363 t:1 y:0