9月29日(火)の手紙


2015年9月29日(火)

『わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである』エペソ人への手紙6章12節


私達は、羊飼いの少年が小石と投げ紐を使って大男を倒した事を知っているけれど、これほど幼稚な武器で、実際に暴力と対峙する勇気はないだろう。

だけど、私達は十分な備えができていないにも関わらず、毎日、危険に身をさらしている。
私達は、目に見えない敵と戦っている。

聖書は、私達の格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗闇の世界の支配者達、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものだと教えている。

だけど、勝敗は決まっている。
イエス様の勝ちだ。
だから、このお方のくださる武具を身に着けると、「堅く立つ」事ができる。
私達は、神の力で戦うのだ。

私達は、日々、正義の胸当てを着け、信仰の大盾を取り、御霊の与える剣である神の言葉を受け取らなくてはいけない。
霊的な戦いに勝利できるのは、正しく備えた人だけだから。

God Bless You!!


a:375 t:1 y:0