9月27日(土)

9月27日(土)

『口を守る者はその命を守る、くちびるを大きく開く者には滅びが来る』箴言13章3節


私達の言葉は、他人に影響を与える。
箴言12章18節は、「軽率に話して人を剣で刺すような者がいる」と語っている。

だけど、見落としがちなのは、軽率な言葉が自分自身に与える影響だ。
噂話をしたり悪口を言ったりすれば、その言葉は自分自身を堕落させる。
心の奥に潜む悪を満足させ、力を与え、私達を打ち滅ぼしてしまう。

その反対に、言葉に気をつけるなら、私達は悪意を撃退する事ができる。
前述の箴言は、「知恵のある人の舌は人をいやす」と続いている。

このようにして、破滅を招く悪の力を弱めて、魂を守る事ができる。

「主よ、私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください」と祈ろう。
「私達の言葉が、人や自分を滅ぼすのではなく、生かす言葉であるように」と願おう。

私達の口から出る言葉は、私達の心について多くを語っているのだから。

God Bless You!!

a:346 t:1 y:0