7月6日(日)

7月6日(日)

『そして、すでに栄光を受けたものも、この場合、はるかにまさった栄光のまえに、その栄光を失ったのである』コリント人への第二の手紙3章10節


クリスチャンにとって律法は、運動選手にとっての松葉杖のようなものかも知れない。

松葉杖は、必要な時にきちんと使われるなら役に立つけれど、杖をついたままでは競争に勝てない。
同じように、律法を守るだけでは、霊的勝利を得る事はできない。

パウロは、律法の栄光の輝きは、聖霊様の自由といのちの輝きの前に、ぼんやりと霞んでいくと強調した。

モーセの顔は、十戒を与えられた時に光り輝いていたけれど、その光はやがて消え去ってしまった。
その後、イスラエルの人々は、シナイ山で授けられた神様のメッセージは、同時に、自分達が裁かれる審判の基準である事に気付いた。

だけど、聖霊様の働くところには、恵みがあふれ、その栄光は律法の輝きを超越している。

暗闇の中で、一本のマッチに火をつけたとする。
炎がボーッと燃え上がる時の明るさは、とても印象的だ。
だけど、太陽が輝く昼間に、マッチの火をつけても、その炎の灯火は、あまり意味がないように見えるだろう。

律法は、人々に遵守を求め、最終的には人々を裁くものになる。
だけど、聖霊様は、私達の心に働きかけて、人生を変えてしまう力を持っている。

あなたは、どちらの道を歩みたい?

God Bless You!!

a:356 t:1 y:0