4月29日(火)

4月29日(火)

『神は彼らのなすところ、その悪い道を離れたのを見られ、彼らの上に下そうと言われた災を思いかえして、これをおやめになった』ヨナ書3章10節


神様からの罰が下されて当然と思うような人を、神様が憐れまれたなら、どう思うだろう。
不満を感じるようなら、神様がどれほど自分を赦してくださったのか、忘れてしまったのだろう。

ヨナが、神様の警告をニネベに伝えよという命令にやっと従うと、人々は不道徳な生活を改めたので、神様は災いをお与えにならなかった。

だけど、ヨナは怒って神様に文句を言い、だから自分は召しに従わず、タルシシに逃れようとしたのだと愚痴った。
そんなヨナに対して神様は、「わたしは12万あまりの、左右をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」と言われた。

素晴らしい神様の恵みは、私達のどんな罪よりも大きなものだ。
聖書は、「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。
それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です」と語っている。

神様の恵みが与えられたからこそ、私達は「お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい」という教えに従えるのだ。

神様が憐れまれる時、私達は決して怒ってはいけない。
イエス様が憐れみ深くしてくださる限り、私達も憐れみ深くならなくてはいけない。

God Bless You!!

a:348 t:1 y:0