2023年10月22日(日)

2023年10月22日(日)


『捕らえられない神』

クリスチャンが迫害を受けているアジア諸国を訪れていた友人が先日帰国した。

マレーシアのクリスチャンたちはこう言ったそうだ。
「私たちはとても祝福されています。
インドネシアのクリスチャンは殺されていますが、マレーシアの私たちは、自分たちの活動に対する差別や規制に耐えればよいだけです。」

ところが、クリスチャンが信仰を理由に命を本当に奪われているインドネシアでは、人々はこう言ったという。

「私たちは大いに祝福されています。
マレーシアでは福音文書を自由に出版できませんが、インドネシアではまだそれができます。」

インドネシアの教会は、言葉の力を重んじている。

もの書きという仕事柄、私には、クリスチャンを弾圧している国々も含め、様々な国を訪れる機会がある。
そして、祈りの言葉に驚くほどの違いがあることを知らされてきた。

困難に見舞われると、豊かな国のクリスチャンは、「主よ、この試練を私たちから取り去ってください!」と祈る傾向がある。

ところが、迫害を受けているクリスチャンや極貧の国々の人々は、「主よ、この試練に耐える強さをお与えください」と祈っている。

アレン・ユアンは中国で非公認の教会の集会を開き、二十二年もの過酷な労役に服した。
刑務所を出て教会に戻り、「自分の与えられた危険な仕事の数を数えてみると、その間まったく怪我をすることなく、百万の鉄道車両を連結させた」と報告した。

そして「神は、私の安全を祈ってくれた皆さんの祈りにしっかり応えてくださいました!」と大喜びした。
温かい衣服もなしにロシアとの国境近くで労役に従事しながら、彼は一度も重い病にかかることもなかった。

ある試算によると、現在、西側先進諸国のクリスチャンは、世界中のクリスチャンの三十七パーセントを占めるにすぎないという。

旅をしたり教会史を読んだりもしながら、私はあるパターンに気がついた。
神がある場所からある場所へ「動いている」という不思議な歴史的現象だ。
中東からヨーロッパへ、そして北米へ、さらに開発途上国へ。

私の理論によると、神は求められているところに行かれる。
これは、米国のような国には恐ろしい考えだ。

気晴らしや娯楽を提供する米国の衛星テレビチャンネルは五百を数える。

God Bless You!!


a:18 t:1 y:0