2019年9月28日(土)の手紙

2019年9月28日(土)


『私たちはキリストのからだの部分だからです。』エペソ人への手紙5章30節


神の恵みを豊かに受けている神の子たちには、主イエス・キリストと面会できる特権が与えられています。

私たちはエノクのように神とともに歩み、そして、子どものように心もとなく歩き、父なる神の御手に向けて手を差し出しています。

私たちは愛のまなざしをもって神を見上げ、愛と信頼と親密さをもって神とともに歩んでいます。
そして、神に話しかけ、神に自分たちの苦悩を告げ、神の恵み深い愛のことばを聞くことのできる特権を与えられているのです。

私たちはキリストの体、その肉、その骨の一部であり、決して滅びることなく、だれも神の手から引き離す者はいないのです。
主キリストとの交わりは、皇帝の冠の中で輝いているどんな宝石よりも尊いのです。

完全な義認、十分な確信、そして、主キリストとの交わりを与えられていることに加えて、神の選びの民は聖霊による聖化によって恵みを受け、祝福されています。

私たちの状態がどんなに卑しくても、聖霊なる神は私たちの内に住み、そして、私たちは聖霊の内に住まわせていただいています。

聖霊は信徒の日々の行動を聖なるものとします。
それゆえ、私たちが行うすべてのことは神のためになされるのです。
生きることはキリストであり、死ぬことは益なのです。

愛する者よ。
聖霊による聖化の力をあなたが感じるとき、それは位高い王子たちと席を同じくするに等しいことなのです。

しかし、我が神よ。
聖霊が私の腐敗を妨げ、私の魂が聖化へと導かれているのを常に感じることができるならば、そして、私が受けている喜びと比較すれば、王子の身分で十分だ、などと考えることはないでしょう。

主キリストにある兄弟姉妹たちよ。
あなたが罪に陥ることがあれば、そのことによってあなたは卑しくされ、しかも再び不快な灰応の堆積の悪臭を放ち、その塵芥の中で死を迎えることになるでしょう。

しかし、聖霊が罪を克服できる力を与え、主キリストが生きたように生きることができるとき、
「主は弱い者をちりから起こし 貧しい人をあくたから引き上げ 彼らを 高貴な人々とともに 御民の高貴な人々とともに 座に着かせられる」と言われていますから、

あなたはあたかも君主の地位を与えられているように感じ、さらには、主キリスト・イエスにある聖化の業において、皇帝が与えられている特権以上の特権を手にすることができるのです。

God Bless You!!


a:60 t:1 y:0