2019年8月9日(金)の手紙

2019年8月9日(金)


『わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。 彼らは永遠に、決して滅びることがなく、また、だれも彼らをわたしの手から奪い去りはしません。』ヨハネの福音書10章28節


今何らかの苦難の中にあって落胆しているとしても、あるいは、将来への希望が見いだせない状態であっても、勇気を出しなさい。
主はすでにあなたのために素晴らしい業を成し遂げてくださったからです。
主の死と復活は、幸いなことが起こることの予告でした。

主の祈りに「御国が来ますように。みこころが天で行われるように、地でも行われますように」とあります。
主のみこころは主がこの地上に来て、天に戻られたと同様に確実に実現されます。
主の目的は、主が死からよみがえられたと同様に確かに実現するのです。

これが、なぜ主イエスがこの地上に来て、悲しんでいるしもべヨハネに、「恐れることはない。わたしは初めであり、終わりであり、生きている者である。
わたしは死んだが、見よ、世々限りなく生きている。
また、死とよみの鍵を持続っている」と語られたかについての重要な理由の一つです。

一度死に、しかし、代々限りなく生きておられる主なる羊飼いこそ、群れを守る者、そして、群れにとっての誇りであり、栄光なのです。

「わたしは良い牧者です。わたしはわたしのものを知っており、わたしのものは、わたしを知っています。
ちょうど、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じです。
また、わたしは羊たちのために自分のいのちを捨てます」

また「わたしの羊たちはわたしの声を聞き分けます。
わたしもその羊たちを知っており、彼らはわたしについて来ます。
わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。
彼らは永遠に、決して滅びることがなく、また、だれも彼らをわたしの手から奪い去りはしません。
わたしの父がわたしに与えてくださった者は、すべてにまさって大切です。
だれも彼らを、父の手から奪い去ることはできません。
わたしと父とは一つです」と言われた主の御言葉によって互いに慰め合いなさい。

God Bless You!!


a:94 t:1 y:0