2019年7月4日(木)の手紙

2019年7月4日(木)


『すると見よ。人々が中風の人を床に寝かせたまま、みもとに運んで来た。イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪は赦された」と言われた。』マタイの福音書9章2節


人生という航路において嵐に襲われないときなどひと時もありません。
しかし、主によって贖われた者は、嵐に翻弄されるときのために前もって備えることができるのです。

「正しい人には苦しみが多い。
しかし 主はそのすべてから救い出してくださる」のです。

試練は永久に続くことはありません。
嵐が過ぎ去り、静かになるにつれ青空が現れ、そして、波静かな海岸へと近づきます。
ところが休む間もなく、そよ風が大嵐に変わり、船は恐ろしい砂州に乗り上げてしまいます。

しかしながら、信徒のみなさん。
危険が最も大きいときであっても、あなたがたは特別な神の保護の下に置かれていることを忘れないでください。
あなたや私がヨルダン川に近づくと、あるいは良き地を通り過ぎようとすると、マハナイム、つまり二組の陣営が私たちに加わります。

神の御使いたちと、そして、御使いたちの神は死の瞬間に祝福された者の霊に会ってくださり、静かに語りかけてくださいます。

死に臨んでいる人の唇から天来の啓示とも思われることばを聞くことがあります。
この証しはたびたび聞かれる事実です。
ですから、それは決して発明品でもなければ騙しごとでもありません。
死に赴こうとしている多くの愛する人たちが、栄光に満ちた神の啓示についての確信を私たちに与えています。

その目が閉ざされると新しい光景が示されるのです。

闇が過ぎ去り、栄光が輝くとき、天を受け継いだ人たち、輝かしい顔をした人たちが、川の堤の上であなたと出会うことになります。
その後、あなたは天の輝かしい御使いたちによって永遠の世界へと導かれるのです。

しっかりしなさい。
たとえ今は万軍の主に出会っていないとしても、あなたがヨルダン川に到着し、約束の地へと渡るとき、永遠なる神とともに住まうことになるのです。

God Bless You!!


a:87 t:1 y:0