2019年7月18日(木)の手紙

2019年7月18日(木)


『彼らは非常に恐れて、互いに言った。「風や湖までが言うことを聞くとは、いったいこの方はどなたなのだろうか。」マルコの福音書4章41節


主イエスの力は無限であり、「風や湖までが言うことを聞く」のです。
最も変わりやすい自然の力も、制御不能な力も主イエスの力の支配下に置かれています。
このことを常に忘れないでください。
大陸を二つに分けている広大な大西洋も、どんぶりの中の数滴の水も等しく主イエスの御手の中にあります。

神の力は村を破壊する地震にも見られます。
しかも、それは種が花から散らされるときにも、あるいはバラの葉が庭の中の小道に落ちるときにも確かに存在します。
また御使いが天から地に急ぎ足でやって来るとき、あるいは蜂が花から花へと飛び回るときにも見られるのです。

主イエスは、小さなものにとっても大きなものにとってもすべての主人であられます。
神を信じない人たちの間違った行為であっても、私たちの偉大な主、「すべてをみこころによる計画のままに行う方の目的にしたがい」支配されているのです。

このことを思うと、私の心は思わず歓喜に震えます。

前方では、主イエスが神の子たちを先導し、背後では、主はそのしんがりを守っておられます。
天においては、主イエスが王の王、主の主として君臨しておられるのが、私にはよくわかります。
そして、深い淵では、竜が主によって鎖で縛られており、主の正義の峻厳さを見るのです。

限りのない主の力を賛美し、ほめたたえなさい。
そして、膝をかがめて私たちの主権者であられる主を崇めようではありませんか。

みなさん、勇気をもち続けてください。
大波が逆巻き、強風に襲われることがあっても、そうしなさい。

「神は われらの避け所 また力。
苦しむとき そこにある強き助け」であり、
そして、「万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらの砦である」
「それゆえ われらは恐れない。たとえ地が変わり 山々が揺れ 海のただ中に移るとも。
たとえその水が立ち騒ぎ 泡立っても その水かさが増し山々が揺れ動いても」と言われているからです。

嵐の中にあっても、平穏な状態にあっても、あなたは主キリストのゆえに豊かな祝福を受けることができるのです。
アーメン。

God Bless You!!


a:73 t:1 y:0