2019年10月6日(日)の手紙

2019年10月6日(日)


『上にあるものを思いなさい。地にあるものを思ってはなりません。』コロサイ人への手紙3章2節


たとえ逆境の時がやって来て、たとえ事業に失敗することがあっても、あるいは銀行の破産が起こるとしても、目を覚まし、身を慎んでいなさい。

しかし、どんな人もこのような恐怖心から逃れることはできません。
そのため、周囲の人たちは私たちを励まそうと懸命に試みます。
朝目を覚ますと、あなたは「今は不況の時代だ、今日すべてを失うかもしれない」と思わず口にするかもしれません。

悩んでも何の役にも立ちません。
悲しみに打ちのめされないようにしてください。
そして、仕事に精を出そうではありませんか。

商取引の歯車が止まるかもしれません。
しかし、私の真実の宝は天にあります。
ですから、私はどんなときも神をほめたたえます。
私がすべてを失うことはあり得ないのです。

私の心は地上にではなく、 天にあるものに向けられているからです。
失うものは何もありません。
私たちはすでに霊的な資産をあふれるほど受け取っているからです。

今は生きるのに厳しい時代です。
裕福で地位の高い人たちでさえも、たちまち物乞いになってしまう恐れがあるほどです。

ですから、今なすべきことはただ神を信頼することです。
そうすればあなたは「神は われらの避け所 また力。苦しむとき そこにある強き助け。
それゆえわれらは恐れない。
たとえ地が変わり 山々が揺れ 海のただ中に移るとも。
たとえその水が立ち騒ぎ 泡立っても その水かさが増し 山々が揺れ動いても」と告白できます。

もしそう言えるのであれば、あなたはこの御言葉によって破綻を避けるための多くの可能性を見いだすことができるでしょう。
しかも、その可能性は、この世の知恵によって決定されているどんな方法によるものよりもはるかに高いのです。

事業においては用意周到でありなさい。
他の人のように眠っていてはなりません。
気をつけ、目を覚ましていなさい。
夢遊病者のように我を忘れてはなりません。

ですから、聖霊なる神よ、目を覚まし、身を慎んで歩むことができるように助けてください、と祈りなさい。

God Bless You!!


a:100 t:1 y:0