2018年1月31日(水)の手紙

2018年1月31日(水)


『彼は大声で、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と言った。』ルカによる福音書18章38節


「止まれ」。
この箇所では、そう叫ばなければなりません。
「急いで読み飛ばすことがないように。
信仰の奇蹟を味わうように」と。

パウロは、「人は心に信じて義と認められ口で告白して救われる」と語りました。
これほどに、例の物乞いを克明に描写した御言葉はありません。
彼はイエスを心から信じて、はっきりと口で 言い表したのです。

が、信仰によるこの奇蹟の喜びには何か唐突なものをも感じます。
順を追って調べてみましょう。

エリコの道端に彼は座っていました。
ある日、大きな人の波が前を通りかかります。
人々が「ナザレのイエスだ」と教えてくれました。

たちまちのうちに、彼の心に光がさし込みました。
彼は聖書をよく知っていました。
その中に、この世へのひとりの救い主、贖い主の約束が語られていることも知っていました。
それに関して聞いたことすべてに、深い印象を受けていたからです。

その方は神から来る。
が、ダビデ王の家系から生まれる。
場所はベツレヘム。

イエスについても、彼は聞いていました。
だから、その方が通られると知ると、「この方こそが救い主」だと、彼はただちに認めることができたのです。

ベツレヘムではなく、「ナザレのイエス」と人々が言うのは少し変だと感じたけれども、彼はたちまち叫び出します。
「イエスよ、ダビデの子よ、憐んでください。
イエスよ、メシヤよ、救い主よ。
助けてください」。

目の見えない物乞いである彼は、まず、その霊的な目を開いていただいたのでした。
イエスを神の御子と認め、告白し、呼び求めるためでした。

主よ。
あなたこそは、ほかでもない私たちの救い主です。
あなたを拝します。アーメン

God Bless You!!


a:189 t:1 y:1