2017年3月9日(木)の手紙

2017年3月9日(木)


『ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。』ペテロの第二の手紙3章9節


ペテロは、世の終わりには神を疑う人達が現れるだろうと警告している。
その理由は、主の再臨の約束がまだ来ていないから。

だけどペテロは、再臨が遅れているのは、むしろ良いことだと指摘している。
主は、忍耐をもって、人々の悔い改めを待っておられるからだ。
これは、怒るに遅いという神のご性質の現れでもある。

私達も怒るに遅く、語るに遅くなければならない。
ヤコブによるなら、速くあるべきものは耳だ。
私達は、すばやく耳を傾けなければならない。

私達が口を開く前に、良く聞く(相手が話している間、単に黙っているだけではなく、真剣に聞く)ことを学んだなら、どれほど多くの問題を起こさずにすむだろう。
人に対して堪忍袋の緒が切れそうになったら、私達に対する主の忍耐の深さを思い出そう。

私達は、目標達成や期限厳守のためにいつも急いでいるけれど、焦る心を落ち着かせ、口を制して、すばやく耳を傾ける心が必要だ。

God Bless You!!

a:178 t:1 y:0