2017年3月11日(土)の手紙

2017年3月11日(土)


『あなたがたの宝のある所には、心もあるからである。』ルカによる福音書12章34節


イエス様に、「私と遺産を分けるように私の兄弟に話してください」と頼んだ人がいた。
主は彼らの願いを退けられたけれど、その人に良いことをしてくださった。

「あらゆる貪欲に対してよくよく警戒しなさい。
たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである」と語られ、彼の願いの裏に隠れている動機を指摘され、その行き着くところを示された。

イエス様は、豊かな収穫を得た人のたとえ話をされた。
彼は富を蓄えて増やし、豊かな人生を楽しむ計画を立てた。
だけど、この話は次のように締めくくられている。

「すると神が彼に言われた、『愚かな者よ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。
そしたら、あなたが用意した物は、だれのものになるのか』。
自分のために宝を積んで神に対して富まない者は、これと同じである」。

貪欲になっても、究極的には、どんなものもなくなったり壊れたりする。
更に、私達自身もいつかはこの世を去る。
だから、天に宝を蓄え、霊的なことに投資し、「神に対して富む者」になるほうが、よほど得策だ。

God Bless You!!

a:172 t:1 y:0