2013年2月9日(土)の手紙

2013年2月9日(土)


『そして彼はその所の名をマッサ、またメリバと呼んだ。これはイスラエルの人々が争ったゆえ、また彼らが「主はわたしたちのうちにおられるかどうか」と言って主を試みたからである』出エジプト記17章7節


悪い癖のひとつやふたつは、誰にでもあるだろう。
早口やおしゃべりは、人を苛立たせるだけだけれど、もっと深刻なものもある。

イスラエルの人達の悪い癖は、感謝する事をすぐに忘れてしまう事だ。
これは、神様を悲しませる。

エジプトで奴隷の身分から救い出されて、感謝して当然なのに、反対に不平を言い続けた。
それも、「エジプトで死んでいたらよかったのに」なんて。

私達は、自分の願いをかなえてくださらないと、神様に対していとも簡単に不満を抱く。
神様を責めたりする事もある。

だけど、大切な事は自分の計画ではなく、神様の計画を優先させる事だ。
不平を言うという悪い癖を克服するために、神様から与えられた恵みを数えよう。

神様は、私達が捧げる心からの感謝を、誰よりも喜ばれるお方なのだから。

God Bless You!!

a:83 t:1 y:0