2013年2月25日(月)の手紙

2013年2月25日(月)


『わたしたちは祈の時にあなたがたを覚え、あなたがた一同のことを、いつも神に感謝している』テサロニケの第一の手紙1章2節


ある男の子がこんな話をした。

食事の後の家庭礼拝で、その子の父親は息子のためにお祈りをしたけれど、彼がしたいたずらの数々を口にした。

そのすぐ後で、この男の子の母親は、息子のすすり泣きを耳にした。
どうしたのかと尋ねると、彼は涙声で訴えた。

「お父さんはいつだって、良い事をしても、絶対にほめてくれないんだ」

この話は、私達の多くに共通する欠点を浮き彫りにしている。
私達は、人の長所よりも欠点に捕らわれがちなのだ。

だけど、パウロはそうじゃなかった。
彼はいつも人々の良い所を見つけては良く褒めている。
勿論、彼らに欠点がなかったわけじゃないけれど、パウロの言葉にどれだけ励まされたかわからない。

非難し合うよりも、互いに認め合う事の方が、はるかに尊い事なのだ。
だから、誰かの良い所に気付いたら、きちんと伝えよう。

叱る事はとても大切だけれど、褒める事はもっと大切な事だ。

言わなくてもわかるだろう。
そう思っている間に、伝えるべきチャンスを失ってしまうかも知れない。

だから、きちんと伝えよう。
ありがとうを言おう。
ごめんなさいを言おう。

私達のたったひとつの言葉は、大きな励ましとなって広がっていくだろう。

God Bless You!!

a:81 t:1 y:0