2013年2月18日(月)の手紙

2013年2月18日(月)


『あなたがたは皆、キリスト・イエスにあって一つだからである』ガラテヤ人への手紙3章28節


私達にできる事は何でもして、育ちや国籍や血筋や文化の違いを乗り越えて、人間関係の垣根を取り去ろうと決心する事が必要だ。

時には、私達の気持ちを傷つけた人に寛大になる必要がある。
その人の謝罪を受け入れて、赦す決心をしなければならない時がある。
その気になれるかどうかわからない時でも、いつ誰に対しても優しく親切にしようと神様に祈らなければいけない時がある。

すべてのクリスチャンは、キリストのからだの一部だからだ。

イエス様を愛する事は、人々を愛する事。
人々の違いを受け入れる事は、その違いを造られたイエス様を受け入れる事。
イエス様に近づく事は、人々に近づく事だ。

God Bless You!!

a:93 t:1 y:0