2012年9月22日(土)

2012年9月22日(土)


『主よ、わたしたちに父を示して下さい。そうして下されば、わたしたちは満足します』ヨハネによる福音書14章8節


勇敢な弟子達の伝記は、包み隠しのない恐怖の章から始まる。
死の恐怖。失敗の恐れ。孤独の恐れ。人生を浪費する事の恐れ。神を知りえない事の恐れ…。

信仰は、私達が山上の神を仰ぎ、谷底にいる自分は弱すぎて、登って行けないと知った時から始まる。

私達は、自分が何を必要としているかわかっている。
自分が何を持っているかわかっている。

私達が持っているものだけでは、何も成し遂げる事ができない。

モーセの前には、海が立ちはだかり、後ろには敵が迫っていた。
イスラエルの民は泳いで渡る事も、敵と戦う事も可能だった。
だけど、どちらの選択肢もそれだけでは十分ではなかった。

パウロは律法にも、イスラエルの宗教制度にも精通していた。
だけど、一目、神を見ただけで、犠牲も象徴も十分ではない事を確信したのだ。

恐れから始まった信仰は、ついには神に近づく事を知ったのだ。

God Bless You!!


a:433 t:1 y:0