4月8日(水)の手紙



『だから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけるがよい』コリント人への第一の手紙10章12節


人生において、つまずきは良くない。
だけど、そこから学んで思慮深くなるなら、失敗も無駄ではなかったと言えるだろう。

パウロは、「立っていると思う者は、倒れないように気をつけるがよい」と警告している。
クリスチャンであっても、転ぶ可能性は誰にでもある。
だけど、もし転んでしまったなら、そこから学んで、同じ失敗を二度と繰り返さないようにすべきじゃないだろうか。

長い人生には挫折もあるけれど、それで終わりではない。
まず、神様の導きを祈ろう。
主は、倒れる者を皆、支えてくださるお方だから。

もし、つかずいてしまったら、神様に助けを求めよう。
神様は、倒れた私達を起こし、再び転ばないようにしてくださるから。

God Bless You!!


a:288 t:1 y:0