12月9日(水)の手紙


2015年12月9日(水)

『そして彼らに言われた、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ』マルコによる福音書16章15節


A・B・シンプソンは、歴史上の偉大な宣教師だったけれど、よく地球儀を抱いて失われた世界のために涙を流す人だったそうだ。

彼は、地球規模のビジョンを持っていたけれど、それは一人ひとりを愛する愛によって証しされていた。
私達も世界に福音を伝える責任を感じるべきだけれど、それは、すべての出会う人達に福音を分かち合う事を意味している。

私達は、イエス様の大宣教命令は国外宣教だと思い込みがちだ。
だけど、世界宣教という言い方が、むしろ適切だろう。
その世界は、神が私達を召してくださった場所であり、そこには隣人も含まれている。

家族や近所の友人、職場の同僚でまだ救われていない人を思って、真剣に祈ろう。
神を求め、福音に生き、福音を伝える事を求めながら、神がチャンスの扉を開いてくださる事を期待しよう。

God Bless You!!

a:309 t:1 y:0